会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    プロの手作りごはんレシピ詳細

    こちらでは、ペットの手作りごはん作りのプロが考案したレシピを紹介しています。

    お手軽に作れる毎日のごはんから、お祝いのメニューまで、幅広いレシピで手作りペットごはんを応援します。

    レシピの内容

    「五目きんちゃく」でおもてなし
    1月といえば、新年明けての行事が多い季節…
    ホームパーティーの新年会でお迎えしたり、お呼ばれするなんてこともあるのではないでしょうか♪
    そんな時のおもてなしの一つとしても使っていただける、作り置きできるレシピのご紹介です。
    もちろん、何もない普段通りの時でも作ってみてくださいね!

    【ポイント】今回は豚ヒレ肉を使用していますが、他の肉や魚にしたりと自在にアレンジしていただけます。
    野菜等の具材は、お節の煮しめ作りに使った材料を応用してもらってもいいと思います。
    注意点として、そのまま与えると食べづらいことがありますので、切り崩してからあげてくださいね!
    特に、口を閉じている割干し大根やかんぴょうはそのままだと消化しづらいことがあります。細かく刻んでから与えるようにしてください。

    「五目きんちゃく」でおもてなし

    こばやし裕子先生のレシピ

    最終投稿日
    2015年12月26日
    カテゴリ
    ジャンル
    ごはん
    材料(5kgの犬1日分として)
    材料名分量
    豚ヒレ肉80g
    薄揚げ2枚
    干しエビ少々
    里芋(冷凍でもOK)2個程度
    レンコン(水煮でもOK)薄切りで3枚程度
    人参20g
    舞茸、三つ葉少々
    割干し大根(又はかんぴょう)2本程
    昆布出汁80cc
    炊いたご飯60g
    作り方(30分)
    1
    イメージ
    豚ヒレ肉は小さい角切りにし、フライパンで炒めておきます。人参、里芋は適当な大きさに、レンコン、舞茸はみじん切りにしておきます。
    2
    イメージ
    鍋に昆布出汁と(1)の野菜類、干しエビを入れて煮込みます。割干し大根もそのままの長さで入れて柔らかく戻します。出汁がなくなる直前に、適当な大きさに切った三つ葉を入れて火を止めます。
    3
    イメージ
    (2)から割干し大根を取り出して軽く絞っておきます。それ以外の野菜は(1)の豚ヒレ肉、炊いたご飯と一緒に混ぜ合わせます。
    4
    イメージ
    薄揚げにお湯を回しかけて絞ります。広げて全体を押さえ、半分に切って破れないように中を袋状に開きます。
    5
    イメージ
    (4)の薄揚げに(3)の具材を詰め、割干し大根で口を閉じたら完成です。
     
     

    レシピの作者

    こばやし裕子先生

    ペット食育上級指導士Ⓡ、食生活アドバイザーⓇ2級
    こばやし裕子先生

    ペット食育協会(APNA)Ⓡでペット食育上級指導士Ⓡとしてワンちゃんの食事についてのお話をさせていただいております。
    私たちヒトが年齢・性別・体重が一緒でも体型が全く同じではないことがあるのと同様に、ワンちゃん達にも個体差があります。そのため必ずレシピ通りに作らないといけないという訳ではありません。
    それぞれのワンちゃんに合った1回の食事量を肉・魚・卵等の動物性食材:野菜:穀類で概ね1/3ずつ位になる分量を目安に、お家にある食材やワンちゃんのお好みに合わせてアレンジしながら手作りご飯を楽しんでみてくださいね。
    *「ペット食育協会」「APNA」及び「ペット食育上級指導士」は登録商標です*

    こばやし裕子先生のブログ「Smile de うちワンごはん」http://ameblo.jp/singkenkenyuyu

    レシピ作者たちのホームページ・ブログのご案内

    こばやし裕子先生

    ペット食育上級指導士Ⓡ、食生活アドバイザーⓇ2級

    こばやし裕子 先生

    安福義江 先生

    ペット食育上級指導士Ⓡ、アニマルコミュニケーター、ドッグアロマセラピスト、薬膳インストラクター

    立石よしえ 先生

    宮本弥生 先生

    ペット食育協会准指導士Ⓡ、日本メディカルアロマテラピー協会 ペットメディカルアロマテラピスト

    宮本弥生 先生

    西山育子 先生

    ペット食育協会准指導士Ⓡ アニマルコミュニケーター、ペット看護士&セラピスト、カードセラピスト

    西山育子 先生

    ちゃぞの のりこ 先生

    ペット食育協会APNA認定®ペット食育指導士、アニマルコミュニケーションカウンセラー

    ちゃぞの のりこ 先生

    神山惠子 先生

    ペット食育准指導士®、日本アニマルウェルネス協会認定ホリスティックケア・カウンセラー、薬膳インストラクター、AEAJアロマテラピー二級

    神山惠子 先生

    阿部由美子 先生

    ペット食育協会APNA認定®ペット食育准指導士

    阿部由美子 先生

    松岡麗子 先生

    国際中医薬膳師(北京中医薬大薬膳科卒業)、ハーバルプラクティショナー、ペット食育協会認定准指導士、プロフェッショナル・ドッグセラピスト、アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー、ペットマッサージセラピスト

    松岡麗子 先生

    みんなのコメント

    コメントする

    現在コメントはありません。
    • ペットレシピ
    • プロの手作りごはんレシピ一覧へ戻る