会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    プロの手作りごはんレシピ詳細

    こちらでは、ペットの手作りごはん作りのプロが考案したレシピを紹介しています。

    お手軽に作れる毎日のごはんから、お祝いのメニューまで、幅広いレシピで手作りペットごはんを応援します。

    レシピの内容

    夏野菜ジュレのテリーヌ
    ホタテは良いお出汁も出ますし、猫が大好きな食材です。
    少し手間がかかるように感じますが、ゼリー寄せで水分補給・のど越しつるん・見た目も涼しく。
    おからパウダーを豆腐に。野菜は、コーン・枝豆などに替えてもOK。またホタテをささみに替えても美味しいです。
    この場合、手順(5)の煮た後、具材を取り出して一度漉していただくと、透き通ったゼリー層が作れます。
    飼い主さんは、キンキンに冷やした日本酒や白ワインに合わせて前菜やサラダ感覚でお召し上がりください。

    ※所要時間に冷やす時間は含まれません。

    夏野菜ジュレのテリーヌ

    西山育子先生のレシピ

    最終投稿日
    2015年08月03日
    カテゴリ
    犬、猫
    ジャンル
    パーティー
    材料(4kgの犬・猫の1食分と飼い主様用として)
    材料名分量
    鶏ミンチ200g
    卵白1個分
    おからパウダー15g
    ほたて(刺身用)2個
    きのこ類 / パプリカ(黄)各25g
    きゅうり / プチトマト / おくら2~3㎝ / 2個 / 2本
    おろし生姜 / おろしニンニク少々
    ゼラチンパウダー5g
    昆布出汁 / 塩300cc / 耳かき1杯程度
    パウンドケーキ型(175×65×45㎜)2個
    作り方(30分)
    1
    イメージ
    【下準備1】卵は白身と黄身をわけておきます。ゼラチンパウダーは水でふやかしておきます。鍋に水(300cc)に昆布を入れて準備しておきます。
    2
    イメージ
    【下準備2】野菜は、飾り用にきゅうり・トマトはスライスし、パプリカは好きな形に型を抜いておく。(すべて角切りでもOK)残りの野菜ときのこ類はみじん切りにしておく。ホタテは、厚みがあれば横にスライスしてから、4等分にしておきます。
    3
    イメージ
    【パテの準備】厚手のビニール袋に、鶏ミンチ肉・卵白・みじん切りにした野菜ときのこ類、おからパウダー、すりおろし生姜・すりおろしニンニクを入れて良く揉みこむ。
    4
    イメージ
    手順(3)のパテが良く馴染んだら、パウンドケーキ型に入れる。型の角にしっかりと入れ、軽くトントンと型を落として中の空気を抜く。ラップをして、レンジ(600w)で約2分~2分30秒加熱。加熱したら、表面に浮いている油をペーパーでふき取り、よく冷ましておく。
    5
    イメージ
    【ゼリー寄せの準備】手順(1)の鍋を火にかけ沸騰したら、ホタテ・パプリカ・おくらを入れてサッと煮ます。火が通ったら野菜・ホタテを取り出します。取り出した出汁の中にふやかしたゼラチンを入れて、よく溶かします。軽くふつふつと沸騰してきたら火を止めて粗熱を取ります。
    6
    イメージ
    手順(4)のパテを型ごと、新しいパウンドケーキ型に重ねて入れて二重にします。(補強として。) パテの上に野菜とホタテを飾りつけます。(お好みで)
    7
    イメージ
    手順(4)の野菜を飾り終えたら、静かに手順(5)のゼリーをそっと流し入れます。2~3回にわけて入れると手間ですが浮くことなく綺麗に出来上がります。入れたら冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
    8
    イメージ
    型から外して、出来上がり。型は、シリコン型でも、カップケーキ型でもなんでもOKです。
    9
    イメージ
    飼い主さんは、大根おろし、茗荷、青じそなどの薬味とぽん酢でどうぞ。

    レシピの作者

    西山育子先生

    ペット食育協会准指導士Ⓡ アニマルコミュニケーター、ペット看護士&セラピスト、カードセラピスト 
    西山育子先生

    アニマルコミュニケーションやカウンセリングを通じて、飼い主さんとペットの関係をよりよくするお手伝いをしています。
    また、京阪神の手づくり市に毎月参加し、手作りおやつや手作り食をサポートする食材を販売。
    イベントブースでは、お客様に手作りの楽しさ、気軽さを商品を通してお伝えしています。

    ホームページ「娜巍堂(nagi-do.)」http://nagido.jimdo.com/
    ブログ「オレ飯~手作り猫ごはん」http://ameblo.jp/raisei-nagido/
    *「なぎどう」「オレ飯」等で検索

    レシピ作者たちのホームページ・ブログのご案内

    こばやし裕子先生

    ペット食育上級指導士Ⓡ、食生活アドバイザーⓇ2級

    こばやし裕子 先生

    安福義江 先生

    ペット食育上級指導士Ⓡ、アニマルコミュニケーター、ドッグアロマセラピスト、薬膳インストラクター

    立石よしえ 先生

    宮本弥生 先生

    ペット食育協会准指導士Ⓡ、日本メディカルアロマテラピー協会 ペットメディカルアロマテラピスト

    宮本弥生 先生

    西山育子 先生

    ペット食育協会准指導士Ⓡ アニマルコミュニケーター、ペット看護士&セラピスト、カードセラピスト

    西山育子 先生

    ちゃぞの のりこ 先生

    ペット食育協会APNA認定®ペット食育指導士、アニマルコミュニケーションカウンセラー

    ちゃぞの のりこ 先生

    神山惠子 先生

    ペット食育准指導士®、日本アニマルウェルネス協会認定ホリスティックケア・カウンセラー、薬膳インストラクター、AEAJアロマテラピー二級

    神山惠子 先生

    阿部由美子 先生

    ペット食育協会APNA認定®ペット食育准指導士

    阿部由美子 先生

    松岡麗子 先生

    国際中医薬膳師(北京中医薬大薬膳科卒業)、ハーバルプラクティショナー、ペット食育協会認定准指導士、プロフェッショナル・ドッグセラピスト、アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー、ペットマッサージセラピスト

    松岡麗子 先生

    みんなのコメント

    コメントする

    現在コメントはありません。
    • ペットレシピ
    • プロの手作りごはんレシピ一覧へ戻る