会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    いぬねこぐらし|いぬねこぐらし海外レポート・オランダねこ暮らし

    海外でペットと暮らすライフスタイルとは、一体どのようなものでしょうか?
    オランダ在住で動物(特に猫!)が大好きな筆者が、「オランダのペット事情・ライフスタイル」をご紹介します!

    記事一覧

    【第4回】アムステルダムの「猫の博物館」

    もうすぐクリスマスですね。今回はこれまでの記事とは少し趣を異にして、クリスマススペシャル号(勝手に命名?)をお届けしたいと思います。

    猫の博物館

    上が案内、下がチケット

    アムステルダムに「猫の博物館」(オランダ語では ’ Het KattenKabitet ’ )という名のプライベート美術館があります。
    場所はアムステルダム旧市街を流れる有名な運河、ヘーレンフラハト沿いに建ち並ぶ17世紀の邸宅のうちの一軒で、その地階と1階(日本で言うところの1階と2階)にコレクションを公開しているものです。
    そこには猫をテーマにした絵画やアート作品が所狭しと展示されています。邸の残りの部分は館長ご一家(+4猫)の住居となっており、一般非公開です。

    ショップで買ったハガキ

    エントランスに置かれたソファーにまるで置物のように老猫が寝ていたり、階段の踊り場で猫が毛づくろいしていたりと、気まぐれにうろうろする猫たちまでがまるで展示物の一部と化しているような不思議な館です。
    250点以上の所蔵「猫アート」コレクションの中には、レンブラント、ピカソ、ロートレック、藤田嗣治などの貴重な絵画、ポスター、オブジェなども含まれています。

    そもそもこの博物館は、現館長が17年一緒に暮らしたジョン・ピアモント・モルガン(John Pierpont Morgan )という名の茶トラ猫との思い出を残すために開館されたのだそうです。ちなみにこれは19世紀末の大銀行家・アートコレクターの名であり、この実在の人物はアメリカのモルガン財閥の創始者です。猫としては、いかにも福を招きそうなネー(にゃー?)ミングですね。猫のJ.P. モルガンについては、同館サイト内のページに説明があります(今のところはオランダ語のみですが)。

    「猫の博物館・Het KattenKabitet」サイト(オランダ語のみ)
    http://www.kattenkabinet.nl/jpmorgan.html

    なんでも、15歳の誕生日にはモルガンの肖像画入りの1ドル札なども作られたことがあるようです。
    遊び心に満ちたバースデープレゼントですね。きっとご本人(にゃん?)というより、モルガンを愛する周りの人々が大いに楽しんだのでしょう。

    博物館の入り口には、キプリングのイラストを用いたこんな素敵なボードが立っています。
    同館のコレクションには、このイラスト入りのタイル(製作者不詳)があるそうです。

    入館受付のある地階には、ポスターや絵葉書、Tシャツなどが置かれた小さなミュージアムショップがあり、上階には広間やサロンがあります。展示物もさることながら華麗なインテリアにも思わず見とれてしまいます。

    ピカソやレンブラント、藤田など貴重な作品が展示されている部屋は、カーテンも鎧戸も閉ざされ昼間でも光が入らないようになっています。もとより全館フラッシュ禁止ということで素のまま撮影・調整したためあまりきれいに撮れてはいませんが、おそらく日本のものだろうと思われる大きな陶器の招き猫もありました。

    現代作家による作品のうち、まず私の目を引いたのは「福猫ピンボール」でした。これを用いたパフォーマンスが見られるようかたわらにビデオも設置されていましたが、それと同じものをYoutubeでも見つけましたのでご紹介します。

    作曲家・打楽器奏者、ハンス・アッセルベルフス氏(1953-2007)の「Toccare il gatto (触れる猫)」という同館の委嘱作品(2005年)をもとに映像化されたものだそうです。ピンボール作品自体は在オランダの日本人作家ナリタ・タダアキ氏の手によるもの(2003年)です。私から読者のみなさまへのささやかなクリスマスプレゼント、写真とあわせてお楽しみいただければ幸いです。

    福猫ピンボール・Youtube
    http://www.youtube.com/watch?v=Vs71AjBCsqc

    白い陶器の招き猫たちの鳴らすクリスマスベルならぬ福猫ベルが聞こえるでしょうか…?読者のみなさま、また、みなさまの身近な猫さん方も、よきクリスマス、年末年始を過ごされますように。


    より大きな地図で 猫の博物館 を表示

    猫の博物館
    Herengracht 497
    1017 BT Amsterdam

    HOME