会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    わんわんおさんぽ道中記

    いきなり現れたお友達?
    いきなり現れたお友達?

    豊橋公園の無料駐車場に車をとめて降りてみると、すぐに芝生広場が広がっています。ん?さっそく向こうに大きなワンちゃんが現れましたよ。

    「おまえのカーチャンで~べそ!」
    (※犬語を適当に変換しています)

    こらこら、メッシ!そんな悪口言うと・・・

    黒ラブ
    黒ラブ

    現れたのは黒いラブラドール・レトリバーさんでした。メッシの大きさの5倍くらいあります。

    「ん?どこのどいつだ?」

    ほらほら、大変だ!怒って悪口言った犬を探していますよ。

    かくれんぼ
    かくれんぼ

    ところがメッシはすかさず木の陰に隠れてしまいました。
    って犬は匂いでどこにいるかわかるからそんな場所に隠れてもだめなんじゃ・・・。
    と思っていたら、黒ラブさんはいつのまにかどこかへ行ってしまいました。

    水辺の広場
    水辺の広場

    豊橋の地名は、昔、豊川に東海道の大橋が架かっていたことが由来だとか。
    ここ豊橋公園もその豊川のほとりに位置するため、広い水辺の風景を眺めながらのんびりと散歩できる場所なのです。

    豊橋公園

    住所/愛知県豊橋市今橋町3
    電話/0532-51-2650(豊橋市公園緑地課)
    営業/24時間入場可
    休み/無休
    入場料/無料
    P/約100台(無料)
    犬連れ/可
    HPhttp://www.city.toyohashi.aichi.jp/green/park/toyohashi.html

    素敵な看板
    素敵な看板

    豊橋市では、ごみを減らすためのさまざまな取り組みがされているようです。そのために豊橋公園内にこんな素敵な看板も設置しています。
    でもちょっとこの女子(?)の設定が微妙じゃ・・・?

    「なんでどや顔!?」

    川の向こうに吉田城
    川の向こうに吉田城

    江戸時代、豊橋周辺は譜代の吉田藩で、この豊川を天然の堀にした吉田城がありました。
    戦国時代初期に築城されたのですが、今川氏や徳川家康の勢力下になり、酒井忠次や池田輝政が城主に入った時代もあるのです。

    ただ、家康自身は、背水の陣となるためかここに入城するのは嫌ったようです。最初は堀と土塁だけの簡単なものが、歴代の城主により江戸時代には立派な城になったのだとか。

    水辺の散策路
    水辺の散策路

    グーグルマップでこのあたりの地形を見てください。
    豊川がありえないくらい湾曲しています。
    すごいところにお城を作ったのですね。

    吉田城鉄櫓
    吉田城鉄櫓

    吉田城本丸には天守なるものが存在しませんが、ここがその代わりとされていたと思われる鉄櫓です。

    「よく見て。左右で石垣の積み方が違うでしょ。造った時代が違うからだよ」

    さすがメッシ、“歴女”ならぬ“歴犬”・・・。ってかなりマニアックなこと知ってますなぁ。

    もうご飯の時間かな?あ、そこの君、今何時ですか?えーっと、4時50分だね花時計
    花時計

    ちょうどこの公園には時計がありましたので、メッシは親切に教えてあげましたとさ。

    さて、今日お散歩した豊橋公園は、歴史も感じさせながら、水辺の広場や散策路がしっかり整備された快適な場所でした。豊橋は市電も走っていて、独特な街並みが印象的です。ぜひみなさんも散歩してみてください。
    次回も快適なお散歩コースをご紹介しますよ。

    オタノシミニ~

    戻る