会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    いぬねこぐらし|國森由美子のキャッツアイ通信「世のねこ」

    この連載では、「世の中」の諸地域の猫事情をご紹介! 猫や動物が大好きな方、猫と暮らしている方はぜひご覧ください。
    筆者と愛猫ミルテのオランダねこ暮らしも毎月お届けします♪

    記事一覧

    オランダの“ねこ新聞”

    オランダの“ねこ新聞”

    猫文学、猫エッセイ、猫イラストが満載の月刊「ねこ新聞」(毎月12日発行)をご存知でしょうか?
    公式ウェブサイト(http://www.nekoshinbun.com/)を見たところ、2014年の今年は創刊20周年を迎えるようです。
    こんなところでナン(ニャン?)ですが、お祝いを申し上げます。

    筆者の住むオランダにも「ねこ新聞」があります。オランダ語では ” Poezenkrant ”(プーゼンクラント)といいます。
    ” Poes ”(プース:ねこ)と” krant ”(クラント:新聞)が合体したものです。
    オランダの「ねこ新聞」は、いつどのように発行されるのか、発行人のみぞ知るという、
    まさに猫のように気ままな不定期刊行物です。
    ウェブサイト(http://www.pietschreuders.com/pk/)もあります。
    サイトを開くと、発行人ピート・スフルーダース(Piet Schreuders)氏自身の活動の一部として
    「ねこ新聞」紹介ページが現われます。

    筆者の持っている「ねこ新聞大全」(2004年刊)

    氏の本業はグラフィックデザインです。
    その素敵な作品の数々は
    http://www.pietschreuders.com/にて、ご覧ください。

    「ねこ新聞」の紹介ページ、そして筆者の持っている
    『ねこ新聞大全』(2004年刊、写真参照)のまえがきを
    読んでみました。
    以下にその概要を記してみます。

    「ねこ新聞」は、グラフィックデザイナー、ピート・スフルーダーズが1974年に面白半分に始めたものだ。
    はじめは(猫の近況など)をA4サイズの紙1枚にしたためてコピーし、猫好きの友人や仕事仲間10人ほどにニュースレターとして配っていたに過ぎなかった。
    発行も不定期なら体裁も定まっていなかったのだが、それから一年も経たないうちに「ねこ新聞」の人気はオフセット印刷にしなくてはならないほどとなった。
    以来、発行数3000部、定期購読者は1500名となっている。
    また、これを販売している国内やベルギーの書店もある。

    「新聞」と掲げてはいるものの、当「ねこ新聞」には、この種の刊行物にありがちな、猫飼いのために役立つ情報や最新ニュース、薀蓄(うんちく)などはまるでなく、写真も主に読者からの投稿であり、不鮮明で素人まるだしである。

    創刊20号特別記念号の表紙。シールの「Ouzin!」は「ナンセンス!」という意味です。

    2007年 No.52は「ブラック&ホワイト特集」。「1974年より不定期発行」の文字も見えます。

    「ねこ新聞」は「オランダ語のみ」とあります。
    なぜかといえば、他言語に翻訳したところで、オランダ独特のユーモアのセンスが伝わるとは思えないからだそうです。
    発行人、つまり「原作者」自身の意向です。
    記事の翻訳はあえてせず、さまざまな楽しい紙面のバックナンバーからいくつかの例をご紹介します。
    いずれも氏の掲載許可をいただいています。

    左:1974年発行当初の「ねこ新聞No.2」を猫が読んでいる図。右:左の写真がそのままNo.7の紙面になりました

    No.7

    日本の真面目で文学的な「ねこ新聞」とは異なり、まるごと遊びでできているようなこのオランダの「ねこ新聞」、
    実は先ごろ2月7日に創刊40周年を迎えました。
    40周年と言えば、なんと日本の「ねこ新聞」の2倍です!
    だからといって、40周年記念特別号などは発行されていないという、発行人のマイペースな猫だましいはみごとです。

    今月のミルテ「窓に足をつけて、新品のルームシューズを見せびらかしてみました。」

    「えっ!? 肉球がないじゃないか!」

    HOME