会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2017年05月06日
    「福ねこat百段階段」展〜和室で楽しむねこアート〜

     「福ねこ at 百段階段」 〜和室で楽しむねこアート〜 「福ねこ at 百段階段」 〜和室で楽しむねこアート〜  ホテル雅叙園東京(東京都目黒区下目黒1-8-1)にある80年以上前に建てられた東京都指定有形文化財 「百段階段」にて、9名の日本人作家による「ねこのアート作品」展が開催されている。

     参加しているのは、以下9名のアーティスト。日本で初めて猫を神仏像にした猫アートの先駆者「もりわじん」(アーティスト)、浮世絵を立体化した陶芸作品で知られる「小澤康麿」(造形作家)、時代衣裳の猫に託して人間の姿を表現する「石渡いくよ」(創作人形作家)、日本画の手法で気高く耽美的な猫を描く「川上けいすけ」(日本画家)、切り絵の超絶技巧で猫を表現する「松風直美」(切り絵作家)、伝統的な枠組みに新しい価値を盛り込む「なかむらじん」(美術家)、妖怪シリーズなど・怖くて可愛い・猫を描く「石黒亜矢子」(絵描き)、温もりのある木彫で可憐な動物を表現する「はしもとみお」(彫刻家)、躍動感のある写真で猫の生きる瞬間を切り取る「アクセント」(写真家)(敬称略)。

     展示されているのは、独創性と技量に富んだ現代作家による人気の絵師歌川国芳の浮世絵から飛び出した立体作品や妖怪ねこのイラスト、陶器に描かれたねこ皿など、さまざまな角度から愛らしいねこを表現した作品が、約1,000点。6つのアート(絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真)で楽しむ、福々しい春の宴となっている。

     また、ここにしかない猫アイテムとの出会が期待できる2種類のマーケットが登場。猫をあしらったステーショナリーや小物など、センスのよいグッズが並ぶ猫グッズマーケット(会場内「物販コーナー」)と、会場内「頂上の間」には、出展作家をはじめ、17名の猫アーティストの1点もの作品を展示即売するギャラリーショップが設置されている。

     「福ねこ at 百段階段は、5月14日(日)まで。会期中は無休。開催時間は午前10時から午後6時まで。入場料は、当日1,500円。学生800円、小学生以下無料。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る