会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2017年09月30日
    鳥を愛し、鳥を思う人たちのための「第13回TSUBASAセミナー」開催

     10月9日(月・祝)、としま産業振興プラザ(東京都豊島区西池袋)で、愛鳥塾やシンポジウムとは一味違った、獣医師などを招いて鳥について勉強する「第13回TSUBASAセミナー」が開催される。

     第13回TSUBASAセミナープログラム1は、作家でサイエンス・ライター、鳥を中心に歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆する細川博昭氏が、鳥と人間のどこがどれだけ近いのか、なぜ近くなったのかを、両者の進化に注目する「なぜ、鳥と人間は似ているのか」を講演する。

     プログラム2は、日本と米国で獣医師として活動する西山ゆう子氏による講演「命を集める人たち」〜米国に学ぶアニマルホーダーの取り締まりと予防〜。西山先生は、20年以上にわたり保護動物の獣医医療、シェルターメデイシンなどを指導、動物福祉問題、動物虐待問題に積極的に取り組み、執筆、講演活動を日米で行っている。今回の講演では、日本でもアメリカでも、近年、増加傾向、社会問題となっているアニマルホーダーについて、その詳細、問題点、そしてアメリカに見る取り締まりを紹介する。

     プログラム3は、2007年より愛鳥大国ドイツの鳥事情を日常生活とともに、ブログ「とりきちTagebich」で日本へ向けて発信。2008年より、ベルリンを拠点にドイツの鳥用品全般を扱う「とりきち横丁」の個人運営などを行っているシシイ家原氏による講演「ドイツで鳥は人間社会と法律にどのように守られているか」。講演では、ヨーロッパ最大と言われるティアハイム・ベルリンと鳥舎や、市民に根付いた動物保護精神と活動について紹介する。

     認定NPO法人TSUBASAは、鳥を好きな人のために、手放されない鳥達の未来のために啓発活動を行い、積極的に勉強の場・鳥同士の交流の場を設けている。「第13回TSUBASAセミナー」は、午後1時から4時まで。参加費は、4000円。定員は100名。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る