会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2017年11月24日
    来年の干支「戌」にちなみ、イヌ科のタヌキとオオカミをテーマにした企画展

     多摩動物公園(東京都日野市)では、来年(2018年)の干支「戌年」にちなみ、イヌ科の動物であるタヌキとオオカミをテーマにした企画展や講演会、映像上映会やキーパーズトークなどを開催する。期間は、12月7日(木)から2018年3月13日(火)まで。

     身近な動物でありながら、その本当の姿はほとんど知られていないタヌキ。企画展では、週刊誌のスクープ風にタヌキの真実を暴き、パネルや映像で紹介、タヌキについて楽しく学ぶことができる。「企画展タヌキ 新年特別編──タヌキの真実が明らかに」は、午前9時30分から午後4時30分まで、ウォッチングセンター エントランスにて行われる。

     「オオカミ」をテーマにした企画展示では、群れで生活するオオカミの社会性から日本人との関わりまで、こわいだけではないオオカミのいろいろな顔を紹介。「企画展Wolf オオカミのいろいろな顔」は、アジア園 オオカミ舎で、午前9時半から午後5時まで行われる。

     また、2018年1月13日(土)午後1時30分からは、ウォッチングセンター 動物ホールで小学生以上の100名を対象に、里山の動物や都市緑地の動物など、野生動物の生態学研究を長く続けている高槻成紀(麻布大学いのちの博物館)さんを講師に、タヌキをテーマにした干支の講演会「タヌキのポン!?」と、多摩動物公園 飼育展示課 南園飼育展示係の中島亜美さんによる「タヌキ山のタヌキたち」が行われる。講演への参加は無料。事前に往復はがきまたはEメールでの申し込みが必要。申し込み締め切りは、2018年1月7日(日)送信分。参加は先着順。

     このほか、干支の映像上映会「オオカミと生きる」は、第1回が2018年1月2日(火)午後1時30分〜2時30分(開場13時15分)と、第2回が2018年1月3日(水)午後1時30分〜2時30分(開場13時15分)、ウォッチングセンター 動物ホールで行われる。定員は150名。事前申し込みは不要。参加費無料(※入園料が必要)。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る