会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2018年05月12日
    新収蔵作品展「招き猫亭コレクション 猫まみれ」藤沢市アートスペースで

     猫をモチーフにした美術作品を40年以上にわたってコツコツと蒐集してきたコレクターの招き猫亭氏から寄贈されたコレクションの一部を、5月19日(土)から藤沢市アートスペース(神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6F)で公開する。

     縁があって招き猫亭氏から寄贈されたコレクションは、スタンラン、ビアズリー、ウォーホルをはじめ、歌川広重や歌川国芳の浮世絵作品、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、岸田劉生、椿貞雄、籔内佐斗司ほか国内外で著名な作家の油彩画、彫刻など、いずれも猫をモチーフとした優品およそ450点。

     藤沢市アートスペースでは、これらの作品を本市所蔵作品として順次公開する予定だ。まずは第1弾として、5月19日(土)から6月17日(日)の間、コレクションの中核を成す、選りすぐりの約150点の作品を紹介する。主な展示作品は、テオフィル・アレクサンドル・スタンラン《猫と少女》1898年、オーブリー・ビアズリー《黒猫》1884年、レオナール・フジタ《猫を抱く少女》1950年、歌川国芳( 伝)《猫の百面相》制作年不詳、大判錦絵、高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》1924年、岸田劉生《猫と梅図[装幀木版画集より]》1920年ほか。

     また、関連イベントとして、5月19日(土)午後2時から藤沢市アートスペース ワークショップルームにて、茅ヶ崎市美術館学芸員の月本寿彦氏による講演会「招き猫亭コレクションについて」が予定されている。定員は40名。事前申し込みが必要で、先着順。申し込みは、電話(0466-30-1816)もしくは直接来館で。

     6月2日(土)と10日〔日)には、藤沢市アートスペース 展示ルームにて、担当学芸員による展示解説が予定されいる。時間は各回、午後2時から。開館時間は午前10時から午後7時まで。観覧料は、一般が200円、高校生・大学生は100円。問い合わせは、藤沢市アートスペース、電話:0466-30-1816 まで。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る