会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2018年05月31日
    金魚を見上げて観賞する新感覚の新作「アートアクアリウム」今年も開催決定

     累計有料入場者数835万人を動員、今年で12年目を迎える、数千匹の金魚を使った水中アートの展覧会「アートアクアリウム」が、今夏も、7月6日(金)から9月24日(月・祝)まで東京・日本橋三井ホールにて、7月21日(土)から9月16日(日)まで名古屋・松坂屋美術館にて開催される。

     今夏の東京・日本橋会場のコンセプトは「真の日本」、テーマは「江戸・金魚の涼」。江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を鑑賞して夏の涼をとっていた文化を現代に蘇らせるため、金魚や錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚が日本的な作品の中を優雅に舞い泳ぐ。

     約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ史上最大の作品「超・花魁」や、錦鯉が乱舞する「アースアクアリウム・ジャポニズム」をはじめ、江戸時代の豪商が、ガラスの水槽を天井に作り、金魚を見上げて観賞していたという伝説を現代に蘇らせた2018年の新作「天井金魚(仮称)」。屏風をモチーフにした大型作品「巨大屏風絵図(仮称)」など、本邦初公開となる新作が登場する。

     また、「アートアクアリウム 2018」広報大使には、女優の上戸彩さんが就任。今後は、6月上旬配信予定の「アートアクアリウムTV」で広報大使として、メディア発表会の様子や本展覧会の魅力を伝えていく。

     「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」東京会場は、日本橋三井ホールにて7月6日(金)から9月24日(月・祝)まで。会期中は無休。開催時間は、日曜日から金曜日は、午前11:00から午後10時半まで、土・祝祭前日は午前11時から午後11時半まで。入場料は当日一般(中学生以上)が1,000円、子ども(4歳〜小学生)が600円、3歳以下は無料(小学生以下は保護者要同伴)。問い合わせ先は、電話:03-3270-2590 まで。名古屋は「東海テレビ開局60周年記念 アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜」として、松坂屋美術館にて7月21日(土)から9月16日(日)まで開催される。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る