会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2018年07月17日
    アートで動物と自然を学び楽しむ「大森山アートプロジェクト」(秋田市)

     7月〜10月に大森山公園一帯において、秋田公立美術大学と、秋田市大森山動物園が連携し、アートを用いて動物や自然の不思議と魅力を学ぶワークショップやアート作品の展示、ガイドツアーなどを実施する「大森山アートプロジェクト」を開催する。

     秋田公立美術大学と大森山動物園は、2015〜17年度にアートイベント「大森山Arts&Zoo」を開催し、美大生によるアート作品を継続的に園内に展示してきた。期間中には、親子を対象とした工作ワークショップ「Zoo de 工作」や、秋田公立美術大学教授の小牟禮尊人(ガラス作家)による世界最高齢であったイヌワシ「鳥海」をイメージしたガラス作品(新作)の展示・解説を行う。また、動物園外では、大森山公園キャンプ場、グリーン広場や彫刻の森へと誘う新たなアートサインの設置や彫刻の森ガイドツアーを開催する。

     秋田公立美術大学が考案した、子どもの「科学的思考」と「創造性」を育む楽しい工作キットを用いたワークショップ「Zoo de 工作」は、7月29日(日)、8月11日(土)、9月15日(土)のいずれも午前10時から午後4時の間に予定されている。大森山動物園が繁殖計画を担う絶滅危惧種のニホンイヌワシや百獣の王ライオン、美しい羽と大きなクチバシ、興味深い食事の仕方をするサンショクキムネオオハシなど、動物の骨格や形態、生態などの特徴を模式化した構造の工作キットを用いて、生物学的視点と工学的視点を養い、美しい動物の色彩やパターンの塗装が創造性を育む。キットの考案・制作、ワークショップの企画立案を行った美大生と教員が当日の指導にあたる。

     対象者は、5歳以上の子ども(保護者同伴)、参加費は500円〜(工作キットの種類で異なる)。大人は入園料720円が別途必要。このほか、ガラス作家小牟禮尊人によるイヌワシ「鳥海」をモチーフにしたガラス作品の設置、彫刻の森ガイドツアーが10月14日(日)に予定されている。

     問い合わせは、NPO法人アーツセンターあきた(担当:田村・石山)、電話:018-888-8137 、または秋田市大森山動物園(担当:吉田)電話:018-828-5508 まで。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る