会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2018年07月25日
    江戸時代、蚕をネズミから守った猫絵企画展「新田猫」展示中、群馬・大田区

     群馬県の太田市立新田荘歴史資料館(太田市世良田町3113-9)では、9月24日(月)まで企画展「新田猫」を開催している。

     「新田猫」とは、江戸時代に太田市下田島町に大きな屋敷を構えていた「交代寄合」格で禄高120石の旗本、新田岩松氏の歴代党首が4代にわたって描いた猫の絵。養蚕が盛んであった上州・武州・信州では「新田猫」は、蚕の天敵であったネズミを除ける効果があるとされ、蚕室などに貼られ、蚕の神様として信仰されていた。

     猫絵を描いたのは、新田岩松氏だけではなく、浮世絵師や江戸市中を売り歩く僧侶などもいたが、新田岩松氏の描く猫絵は、領主一般が持つ呪術者的な性格に加え、徳川氏が先祖とした新田氏という特別な血筋を背景に、特に人気を博し、多くの猫絵が描かれた。今回の企画展では、新田荘歴史資料館所蔵の新田猫を中心に公開している。

     また、8月25日(土)午後1時半より新田荘歴史資料館・学習室で講演会「新田猫絵」が開催される。講師は、群馬大学名誉教授・落合延孝先生。申し込みは電話で8月1日(水)から。

     学校夏休みの期間中の土日、午前9時半から午後4時までの間、新田荘歴史資料館ロビーにおいて、小学生以下の子どもを対象としたワークショップ「プラ板でキーホルダーを作ろう」が開催される。対象は小学生以下の子ども。各回先着50名。

     入館料は一般200円。休館日は月曜日(月曜日が休日の場合は、火曜日)。
    問い合わせは、電話:0276-52-2215 まで。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る