会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2019年02月26日
    リサとその家族の作品を含む、約190点の傑作が勢揃い、尾道市立美術館にて

     スウェーデンを代表する陶芸家のひとりであるリサ・ラーソンと、その家族の作品を含む約190点の傑作が勢揃いする特別展「北欧を愛するすべての人へリサ・ラーソン展」が、3月16日(土)より広島県尾道市にある尾道市立美術館にて開催される。

     リサ・ラーソンは、大学卒業後、デザイナーのスティーグ・リンドベリからスカウトを受け、23歳という若さで当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったグスタフスベリ社に入社。26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとした約320種類もの優れた作品を生み出し、80歳を過ぎたいまなお創作を続けている。

     本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン、ヨーテボリ)で展示された初期から近年に至る代表作とともに、リサ・ラーソンが所蔵する日本未発表の作品を含む約190点を一堂に展観する。さらに、夫で画家のグンナル・ラーソンとの共作や、最新の特別インタビュー映像も公開される。

     特別展「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン」展では、たくさんの関連行事が予定されている。3月17日(日)午後2時〜3時半には、金野剛氏(陶芸家)が講師を務める陶芸ワークショップ「手のひらサイズのいきものオブジェを作ろう」が。事前申込が必要で、定員は20名。料金は500円。申込方法は、メール( bijutsu@city.onomichi.hiroshima.jp )または電話(0848-23-2281)にて。

     3月24日(日)、4月28日(日)の午後2時〜(約40分程度)には、当館学芸員による作品解説をするギャラリートークが、4月7日(日)、5月5日(日)の午後2時〜3時には、中学生以下を対象とした「わいわい がやがや おしゃべり鑑賞会」が予定されている。申込は不要、付添いの方は1名に限り無料。

     4月14日(日)の午後2時〜3時には、藤井なおみ氏(10月のさくら パティシエ)が講師を務める、ネコ型クッキーに専用の材料を使ってデコレーションをし、アイシングクッキーを完成させる「アイシングで好きなネコを描こう!」が。申込は不要。先着順で30名。料金は300円。

     4月21日(日)の午後2時〜3時半程度には、金野剛氏(陶芸家)が講師を務める素焼きの丸い陶芸作品に2〜3色で色付けをして、自分だけの作品を作ることができる陶芸ワークショップ「描いて作る丸いいきもの」が。料金は500円。申込は不要。

     「北欧を愛するすべての人へリサ・ラーソン展」は、5月6日(月・振休)まで。時間は午前9時から午後5時まで。休館日は月曜日。観覧料は、一般が800円、高大生が550円、中学生以下は無料。問い合わせは、尾道市立美術館、電話:0848-23-2281 。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る